仲介手数料の不要な物件|賃貸の選び方|実際の暮らしをイメージする

賃貸の選び方|実際の暮らしをイメージする

見取り図

仲介手数料の不要な物件

集合住宅

手数料不要の物件の探し方

賃貸マンションや賃貸アパートを借りる際には、賃貸人に対して支払う敷金や礼金に加えて、賃貸物件を紹介してくれた不動産仲介業者に対して支払う仲介手数料というものがあります。仲介手数料は業者に対して支払う礼金のようなもので、敷金とは異なり賃貸契約が完了しても返金されるものではないので借りる側にとっては痛い出費となります。しかし、最近では仲介手数料を業者に支払わなくて良いという仲介手数料無料の物件も登場してきています。仲介手数料無料の物件の探し方として最も手っ取り早いのは、取り扱っている全賃貸物件につき仲介手数料無料と宣言している仲介業者に物件紹介を依頼する事です。もう一つの方法は、賃貸物件情報が掲載されているサイトで、仲介手数料無料の物件を絞り込み検索するという方法です。

賃貸物件の初期費用の相場

賃貸物件を借りる際にかかる初期費用は、大きく賃貸人に対して支払う敷金および礼金、そして不動産仲介業者に対して支払う不動産仲介手数料の3つとなります。敷金と礼金の相場は、一昔前までは月額家賃の2ヵ月分ずつの計4ヵ月というのが一般的でしたが、最近では月額家賃の1ヵ月分ずつの計2ヵ月というのが一般的になりつつあります。また、敷金を2ヵ月で据え置く代わりに礼金を無しとしている賃貸物件も増えてきています。他方、不動産仲介手数料に関しては、月額家賃の1ヵ月分または半月分というのが相場となっています。但し、業者によっては仲介手数料無料という所もあり、こうした業者を利用すると初期費用を安く抑える事が可能です。